スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デコパージュでバックをクリスマス使用に☆
先日、お菓子教室の先生が身につけていらしたエプロンの可愛いさに目は釘付けとなりました☆
白地のリネンのエプロンに、ツリーとトナカイが楽しげにプリントされていたのです。

プリントはデコパージュという方法で施されていました。
デコパージュとは →☆☆☆

あまりに私の目がキラキラしていたのでしょうか
先生が紙ナプキンを数枚ゆずって下さいました! ありがとうございました

頂いた紙ナプキンで、早速クリスマスプレゼントを入れるバッグを作りましたよ

①バッグを作る
1488757_570281023058038_2072510757_n.jpg

②デコパージュの道具を用意
960266_570281006391373_40913251_n.jpg

③貼り付ける
1522275_570281033058037_1600707703_n.jpg

この黒い柄がたまらなく可愛い

お教室にいく度にお菓子と共に新しい発見があるのです
先生は先日、なんと7冊目の本を出版されました!!
フランスの焼き菓子を専門とされる先生です。
お菓子は勿論のこと、本のデザインがこれまた素敵なんですね~~☆なのでご紹介したいと思います!
『生地を冷凍しておける かんたん焼き菓子レシピ』
こちらで購入出来ます → ☆☆☆
1509991_570356689717138_1237265678_n.jpg

 素敵なクリスマスをお過ごし下さいませ 


メリー☆クリスマス

スポンサーサイト
ありがとう☆
神戸に雑貨を委託している「くりのへや」
そのきっかけを作ってくれた、今では
心強いパートナーである友人のR姉様。

作品のやり取りを宅急便でしているのですが
可愛いおやつ付きのレターパックが届きました☆
20131213100803e6c.jpg

なんか、頑張れる〜☆

こんな感じで、優しさに支えられながらくりのへやをやっています❤️


応援ありがとうございます☆
あずきでヌクヌク
約6年前、シンガポールという熱帯に住んでいたのですがカイロが欲しいときがありました。
気候は暑いのですが、とにかく冷房に冷やされる日々。床は石なので脚からも冷えは来ます。
体の外は暑いのに、中は冷えを感じていたのです。

カイロは売っていないし・・・
と丁度その頃、日本で「あずきのチカラ」が発売されていました。
温めた小豆からのスチーム効果で温まるというもの。
欲しい・・・けど、シンガポールにはない・・・・

あるのは・・・スーパーで見た小豆!!!
小豆があるなら作ってしまえ~~

そんなことから、あずきのカイロを作ったのがきっかけです。

***

あずきを温めるとじわ~とあたたまるスチームと小豆の香りが気に入ってしまいました。
3代目の私のカイロです。
1450921_550016268417847_423456433_n.jpg

リネンの生地で袋を作ります。
ただの袋だと小豆が偏ってしまうので、真ん中にも小さな袋をつくり小豆が均等になる様に縫いました。
小豆を入れ替えやすいように口には手縫いでざっくり、小豆がこぼれないように閉じます。
1461197_550016438417830_683062177_n.jpg

そのままでも良いのですが、汚れても洗えるようにカバーを用意。

11197_550016565084484_1856089148_n.jpg

取り出しやすくしてあります。
541474_550016361751171_502826120_n.jpg

***

その後の小豆は・・・と悩むのですが、どうしてよいか分からずさよならします。

何度もレンジで温め酷使された小豆を食べるのはどうなのでしょうか。。。もったいないとは思うのですが食べるには抵抗があります


寒い冬、皆様ご自愛下さいませ☆
ハンカチのラッピング
ハンカチをラッピングします。


1470118_564436160309191_6051899_n.jpg

ビニールの袋の量端をミシンで縫います。

1504132_564436106975863_697518165_n.jpg

裏が白ではなく、茶色のお洒落な折り紙を用意☆
久々に折り紙の売り場に行って見たのですが、最近の折り紙はバラエティー豊かなデザインが多いですね!

折り紙を袋の大きさに合わせてカットしたら、ハンカチと折り紙を袋に入れます。
1460272_564436116975862_290359063_n.jpg

並べてみると
1456552_564436133642527_185730466_n (1)

折り紙の空白部分にメッセージを書いて、プレゼントにいかがでしょう☆


ありがとうございます☆

枕カバーの作り方
枕カバーを作ろう

作りたいと思い立ったら、すぐに仕上げたい衝動に駆られる私です。
でも、難しいのは避けたい。とにかく、チャチャチャッと・・・

ということで、その名も「6辺縫いの枕カバー」
1455992_563354387084035_1744233828_n.jpg


・・・・
センスのないネーミング。。。

では、始めます。
(縫い代は1cm)

①採寸&裁断
1426573_563378193748321_555612312_n.jpg


枕を布の上に載せて、枕の大きさより1.5cm大きめに採寸します。
今回は、2色使いでの制作です。枕の2面分ですので、A,Bの2枚分裁断します。
(横+1.5cm)×(縦+1.5cm)

枕カバーの口は、折り返しのタイプにします。
C(横1.5cm)×14cm

②A表とC表を内側に合わせて縫い合わせる。
(写真は縫い合わせてから、開いた状態)
1477881_563354310417376_140867524_n.jpg

③BとCの端を3つ折にして縫う。
1477881_563354310417376_140867524_n (1)

④全て表を内側合わせにした状態で3枚重ねて縫い合わせる。
1480581_563354370417370_1266373590_n.jpg
1003563_563364587083015_352989161_n.jpg

⑤生地をひっくり返えして枕を入れれば、出来上がり☆

1470061_563354410417366_2111694511_n.jpg
1455992_563354387084035_1744233828_n.jpg


今回は、片面づつ違う布を使用しましたが、A,B,Cを全部同じ布にすれば「5辺縫いの枕カバー」になります
次は1枚布で作ってみたいと思います☆

水玉柄のグレーの布は、私が幼稚園の頃に購入されたものです。
幼少時、私と妹のお洋服を母は良く作ってくれました。
先日、余っている布を出してもらったところ、この優しい色合いの生地に約30年ぶりに再会しました。

今夜からは、懐かしい生地と共に眠りにつきたいと思います☆


ご覧頂きまして、ありがとうございます。
サンシャインワーフ神戸
今年も師走に入りました。
外はぐっと冷えますが、空が澄んだ美しい青で気持ちが良いです。

2013年のイベントは11月で締めとしていましたが、先日委託販売をさせて頂いているbulbuさんよりご連絡があり、イベントに私の作品を出品させて頂けることになりました。

12/14(土) 10:00-16:00
場所サンシャインワーフ神戸
イベント名 Very Very Enjoy Party
20131203082807a13.jpg

ブース 『ナチュラル雑貨&カフェ bulbul』
ホットサンド、ドリンク、雑貨を販売するそうです。

ママさんが楽しめるイベントになっているそうです‼︎
是非お立ち寄り下さいませ☆


応援ありがとうございます☆




プロフィール

くり

Author:くり
くりです。
2010年よりミシンを使い、小物作りを始めました。
転勤族の私は、行く先々で出会う雑貨、布との出会いを楽しみにしています。 

今後イベントに参加するなどしていきたいと思っています。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。